外壁塗装 見積書 チェック方法 

外壁塗装の費用を最小化するには?

外壁塗装の工事は、定期的にすることで建物自体が長持ちします。
通常は、家の外側を意識して眺めるkとはありませんが、
時々塗装面をチェックして適切なタイミングで外壁塗装を行い
家の寿命を延ばすことを考えるようにしたいですね。

 

外壁塗装工事で一番大事なことは、塗料の耐久性と塗り替え時期です。耐用年数が長い塗料を使えば、当然ながら塗り替え回数が少なくなります。

 

あなたは、次のどちらを選びますか?

 

★ 耐久性が短くて安い塗料を使用する。
        ⇒短い周期で塗り替える(回数が増える。)

 

★ 耐久性が長くて高い塗料を使用する。
        ⇒長い周期で塗り替える(回数が少なくなる。)

 

外壁塗装の工事の大部分は、塗装職人の人件費と塗料代、足場代です。
塗り替えの回数が増えると人件費や足場代が増えることになります。
このことを考えると、高い塗料を使えば耐久性が良いので塗り替え周期が長くなり、
結局は外壁塗装の工事費が節約できる計算になります。

 

例えば、耐用年数10年の外壁塗装が100万円で、耐用年数15年の外壁塗装が120万円とすると、
30年間で見ると塗り替える回数が3回になるか、2回になるかの問題になります。
1回の工事費用た高くなっても2回の塗り替えですませることが、長い目で見ると経済的です。

 

また、外壁と屋根の塗料を変えると耐用年数も違うことから何度も工事をすることになりますが、
外壁でも屋根の工事でも足場を設置する必要があり、足場設置代もバカになりません。

 

長期的視点で外壁や屋根の塗装の工事を考えると、できるだけ塗り替えの回数を少なくし、
外壁と屋根の塗装工事を同じタイミングで行うことが費用を最小化するコツです。